スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

slow step strollの歴史
short film no.9 presents"slow step stroll"
このイベントは元々、私たちが自分たちが本当に好きな、
リスペクトできるバンドを集めてライブを一緒にやる、
というとてもシンプルな企画。

タイトルの通り、ゆっくり、ぶらぶらと歩んできた
イベントの歴史を振り返ってみようかと。
(その実、8年間!長い!ww)


2004.9.18 [slow step stroll 01]
w/CONDOR44,slow
DJ:OGA(crevasse65)
2004.12.16 [slow step stroll 02/code(共同開催)] 
w/soulkids
2005.6.5 [slow step stroll 03]
w/YO-MA,avengers in sci-fi
2006.9.23 [slow step stroll 04]
w/nayuta,BOOKHOPE
DJ:酒井俊輔(plingmin)
2007.9.22 [slow step stroll 05]
w/6eyes,TOTOS,bug-eyed monster
DJ:OGA
2008.5.25 [slow step stroll 06]
w/cryv.SU:,automater9
2009.3.29 [slow step stroll 07]
w/yucca,neonsign,JONNY,
white white sisters
2009.7.5 [slow step stroll 08]
w/SCARLET,明日、照らす 
DJ:ヨシカワショウヘイヒロユキ(ex Bacon)
2009.10.12 [slow step stroll 09]
w/winnie,MOTHBALL,JONNY
2010.11.3 [slow step stroll 10]
w/ガールズトーク,スーパーノア,aeronauts
2011.11.19 [slow step stroll 11]
w/FU-MU,CUSTOM NOISE,yucca
2012.3.17 [slow step stroll 12]
w/MEET ME,1POINT,viridian,
ASAYAKE01,neonsign
2012.9.9 [slow step stroll 13-FINAL-]
w/JONNY,mothercoat



こうやってみるとメンツがとても面白いなぁ。
今考えるとビックリするようなバンドとかもあるし
何回か出てくれているバンドもいる。
でも全体的に、すぐいなくなっちゃうようなバンドより
自分たちの世界をちゃんと持ってて長く続いてるバンドが
多いのが嬉しい。
私たちの目に狂いはなかったのだ!

ということで、そんな8年という長い歴史に終止符をうつことになった
slow step stroll 13-FINAL-
この日は今までshort film no.9を愛してくれてたみんなと
イベントに出演してくれていたバンド全部に
感謝を込めて盛大に盛り上がりたいと思います。


2012.09.09(SUN)
slow step stroll 13
-FINAL-
@名古屋 新栄CLUB ROCK'N'ROLL
w/JONNY / mothercoat
open 18:30 start 19:00
adv.2000 door2500

※当日は入場者特典としてバンドステッカーと
オリジナルブートがダウンロードできるフライヤーを
プレゼント!!!
| 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

はてさて、
 20120505

たった一日のイベントのためにわざわざ
para-diceが用意してくれたフライヤー。

この独特のセンス!とても真似できませんわ。
あまりに素敵なので何枚かもらってきて
楽器部屋に飾ってあるのでした(笑)

昨日の続きです。

そう、昨日のブログにも出てきた
大阪の扇町para-diceといえば
とっても小さいライブハウスだけど
働いてる人らがビックリするほど熱くて、
男気に溢れてて、出てるバンドのことを
すごい考えていてくれるので大好きなんですけど。

そんなハコだからか、
意図的に何度か一緒にライブさせてもらったり
(うちらは人見知りなので一回一緒にライブやった位じゃ
なかなか打ち解けないのでこれは助かる!)
たとえ初めて一緒にライブをやらせてもらうバンドとでも
音楽的とか人間的に近い人を声かけてくれてるようで
案外すぐ仲良くなったりして「また一緒にライブを・・・」って
ことが続いたりも。
(普通はそんなにトントン拍子には話は進まないんだけどね)

昨日書いたナードマグネットもそうだし
その今年1月のライブの時に
一緒に出てたAmia Calvaも企画に呼んでくれたり。
5月の時に一緒だったキットモットとも
来月名古屋で一緒にライブすることになったのでした。

たぶん彼らとうちのボーカルさんが仲良くなれたのは
キットモットの子のザックバランさ?人懐こさ?(笑)
によるところが大きいと思うんだけど
それでもこうして名古屋に来てくれるなんて嬉しい。
なので皆さんよかったら遊びにキテネ。


short film no.9の次回ライブ

2012年8月12日(日)
"BlanceLife"
@名古屋 新栄CLUB ROCK'N'ROLL 
w/ キットモット / ツユネブリ /
溶けない名前 / agurakakushi
Open 17:30 | Start 18:00
Adv. ¥ 1800 | Door ¥ 2000
(D代別途¥500必要)

チケットのご予約はHPから


キットモットについて知りたい人はコチラ・・・
http://kittomottoweb.net/home.html
http://jack.ro69.jp/contest/jack2012/artist/22773

| 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

いろいろ言いたいことはあるけれど



なんとか無事動くナードマグネット貼れましたー!
あと右側の本文で
初めてナードマグネットを見たのは今年一月って書いたけど、
実は昨年末のSUCK THE 2011で見てた!
そんでその時に既に「いいやないの〜!」と
興奮気味にツイートしてたのでした。
ここに謹んで訂正させていただきます。ペコリ。
twitterをはじめてからというもの
すっかりこのブログから遠ざかってしまった私です。
もうね、あまりに更新してなくて
どうやったら動画がココに貼れるのかとか
すっかりわかんなくなってしまって。汗

もともと、私はおしゃべりなほうなので
10のことを10伝えるだけでいいのに
いろいろ言いたくなっちゃって、
その他モロモロ派生したことや、
それいるのか?っていう余談が付きまくり
結果100くらいになってしまうという。。。

なので最近は
140文字位がちょうどいいと思ってたのだけど。
いやいや、そんなんで良い訳ないじゃん
ということもたまにある。
そんな時のためのココだったのに。
ああ、またも前置きが長くなってしまった・・・。


日曜日はshort film no.9のライブでした。
この日のライブ、元はといえば今年の1月
大阪扇町para-diceで初めてナードマグネットと出会って
一目惚れって感じで一瞬で私が一方的に好きになって
打ち上げでいつものようにくだらん話をしまくって
「また一緒にやろーね」と言って別れた。
そんなとこからはじまった。

いつもだと、この「また一緒にやろーね」は
結果として実現しなくて社交辞令みたいになりがちだけど
(バンドにはバンドなりにタイミングやらあったりするので)
今回は、なんとしてでも実現させなくちゃっと
私にしては珍しくすぐに動いたのだった。
とはいえロックンロールで、一緒にライブがやりたいー!
って言って日程を調整してもらっただけだけどw

でも今考えると、そうしておいて良かったと思っている。
一緒にライブをやることが決まったあと、
ナードマグネットのギターの谷村君が脱退することになって
しかも日曜日が現体制でのラストライブになったから。
もし、いつものように「いつかまた一緒にできたらなぁ」とか
のんきに思ってたら危うくもう見れないとこだった。
あぶないあぶない。

だってさあんなにワクワクするギタリストっているかね。
次にどんな音がとんでくるかわかんない
でも確実にツボ押さえまくってるなんて
そういない。
(あとあの動きもねw)

なので脱退とかホント寂しいけど
谷村君、すぐにも動くって言ってたようなので
また会えるのをワクワクしながら待つことにした。
もちろんナードマグネットは二期メンバーで続いてくから
これからもどうぞよろしく、だし。


あ、やっぱ長くなっちゃったなぁ。
まぁ言いたいことはいろいろあるけど
とりあえず言いたいのは
扇町para-diceありがとうってこと。
あのライブハウスでの出逢いは
うちのバンド的にはすごい影響があるのです。
そのお話はまたココで。
| 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

待ってろよー!京都!


はてさて
short film no.9は
しばらく名古屋でのライブはないんですけど
(ちょっと新曲をまとめたりしようかと)
関西はちょいちょい
行きますよ。

3月は京都。
4月は大阪。

それもこれも呼んでくれるって言う
ありがたいお人がいるから。
出会いって大切ですね、
本当に感謝感謝です。

京都はnanoってライブハウスの
7周年の記念的イベント!
このnanoの店長さんには
年末の初京都ライブで出会ったのが縁で
それから数日でオファーをいただいたり。
ホントこういうの嬉しいですな!

これはもうぜひともいいライブしなくちゃ!
バチが当たるぜ。


2011年3月13日(日)
livehouse nano
7th anniversary×SECOND ROYAL
@京都 nano 
w/ Hotel Mexico,thatta,friends
DJ:Higu(mogran'BAR) and more...

Open 17:00 | Start 17:00
Adv. ¥ 2,000 | Door ¥ 2,000
with 1drink

チケットのご予約はこちらまで
info@shortfilm9.com



左の写真は
年末に初めて京都ライブした時に行った
高安ってらーめん屋さん。
地元バンドマンからの推薦で行ったのだけど
美味しかったー!
(私は限定のモツ煮らーめんを食べました)
しかもセットの唐揚げがハンパなくデカイ!
みなさんも良かったら一度。
うちらも3月にまた行きたいなぁ。

あ、既にお気づきでしょうが
私のブログの写真は
基本的に食べ物率高いですよ。
食いしん坊なんで(笑)

| 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

雪の日、レコーディング




はい。
ちょっとばかりさかのぼりますけど
東京ライブの前日。

名古屋では雪が降ったあの日。
うちらは三重でレコーディングしてました。
ま、レコーディングと言っても
録音したくてウズウズしてるうちらと
MOTHBALLのユズル君とで
「ちょっとやってみよーぜー!」的なノリ
で始まったヤツなので
次回作のプリプロ的なのも兼ねつつ
いろいろやってみようという感じ。

レコーディングは雪が降ったり、
翌日東京ライブだったりでドタバタしたけど
(うちのクルマにはチェーンがなかったので
まず買うべき?
ってかチェーンってどうやってつけるの?
ってかうちら東京にたどりつけるの?
どうしよう・・・ってな感じ)
なんとか無事終了。
スタジオにいた猫ちゃんも可愛かった!

曲はライブでもちょいちょいやってる
ゴーイングメリー(仮)という曲。
でもこれが実にいい感じになりそうなので
そのうち皆様にもお聴かせできるようにしようかと。
しばしお待ちを!


はてさて左の写真は、
歌入れ中のシゲヤさんと、
レコーディング後に行ったカレー屋さん
河-kawa-のごちゃ煮カレーと、
(激旨!四日市の隠れた名店)
カレー食べた後なのに
なぜか行ってしまった横綱らーめん。

美味しいカレーのスパイスに
刺激されたとは言え
うちらお腹空いてたんだなぁ(笑)

| 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

バンドマンだって人間ですもの

こんなことを書いてしまうと
嫌われたり
どっかで叩かれたりするのかもしれないけど、
最近面識もないよくわからない
イベンターを名乗る人からのメールが多くて。

そんな場合はたいてい無視したりもしてしまうんだけど
ひょっとしてこの人たちわかってないのかなと
いつものおせっかいが顔だして
今日こんな返信をしてしまった。


−以下文面−
再度メールありがとうございます。
前回お断りしてしまいましたのに
またお誘いいただけて嬉しいです。
ですが今回もちょっと出演させていただくのは
難しいかと思います。

まず第一にうちのバンドはメンバーの仕事の都合で
ライブできる曜日が限られている状況です。
なので今回お誘いいただいた日のライブは
無理になってしまいます。
すいません。
 
そして第二にうちらは名古屋でのライブを
月に何本もやることに意味をあまり感じませんので、
必然的にお世話になっているハコや
仲の良いイベンターさんからのお話を優先して
ライブを決めさせてもらってます。
 
現段階で○○さんとは面識がないと思われますし、
(○○くんのレーベル?というのが唯一の接点か
とも思いますがそのあたりの説明もありませんでしたし)
うちのバンドのどこを気に入ってくださったのかとか、
ライブは見たことあるのか?とか
このイベントはどのような趣旨のイベントなのかとか
まったく説明の無い状況ですし、
どうしても出演して欲しいというような
熱意も文面から伝わりませんので
今後何回も同じようなメールをもらっても
うちらが出演させていただくことは
ないのではないかと思います。
 
これは決してうちのバンドだけの話ではないと思います。
いろんなバンドともそういう話をさせてもらいますが
みんな同じ意見です。
バンド始めたてのバンドならともかく
長い間活動しているバンドマンは
それなりにポリシーをもって活動してますし
ライブさえできればどこでもいい、
ノルマが安ければいい、
と考えている人ばかりではないと思います。
むしろうちのバンドからしたらそんなことは
どうでもいいのです。
私は「気持ち」が一番大事だと思います。
 
もし今後もイベントを継続されていくのであれば
このことを一度よく考えてみてください。
 
 

こんな感じのメール。

うちらがライブできる曜日が限られているのは
事実だけど、
どうしても出たいイベントならなんとかするし
そういう「なんとかしても出たい!」
ってのが大事だと思う。
そこが私の言う気持ち。
この文面はメンバーと相談しずに書いたけど
みんなもこれはわかってくれると思ってる。

イベントをやりたいって気持ちも大事だと思うけど
私はバンドの気持ちも大事だと思う。
主催者も出演バンドも同じ人間なんだから
ちゃんと話をしたいし話できない人とは
何かをやろうなんてのは無理だと思う。

言いたいことはそれだけなんだけど。
うまく伝わるかしら。。。心配。
| 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

9年ぶり

名古屋は9年ぶりの大雪だそう。
まさかこんなに降るとはね。
ちょっとビックリ。

寒いのは嫌いだけど、
雪をモキュモキュと踏みしめる
あの感じはけっこう、好き。

でも雪の中、
ライブだったり遠征だったら大変だね。
雪の高速道路なんて怖すぎる!!
チェーンとか巻いたことありませんし!
うちの車スタッドレスとかじゃないし!
あ〜ダメダメ。

昨日ライブだった皆は大丈夫かしら。


雪といえば
私の大好きな、いしいしんじの
「雪屋のロッスさん」が文庫になったので
さっそく買いました。
(ハードカバーも持ってるんですけどね)

この本は短い短編がたくさん載っているので
お話ごとに
面白かったりホロリとしたり不思議だったりの
いしいしんじワールドが堪能できます。
オススメですよ。
| 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

NO DISTANCE LEFT TO RUN


"song 2"
昔short film no.9でもカバーしましたな。
またやりたいなーw

BLURのドキュメントをやっと見た。

ナイーブな若者が出会って
BLURというバンドができあがって
そして成功して
何かがおかしくなってしまって
止まった。

そして再生した。


文章にすればそれだけのことだけど
とても尊い物語。


私は持ち切れずに
ハイドパークでの再結成ライブを先に見てしまったけど
これは絶対にこのドキュメントを見てから
ライブを見るべき。

「あの日僕らはバラバラになったバンドには不可能なことを成し遂げた。完全な状態でカムバックし今までで最高のライブをやった。そこが僕らが他のバンドと違うところで僕らの昔からの友情の証しだ。それこそが大事だったんだ」デーモン


泣けるよ。
ただただ楽しそうに演奏してる。
お互いを見合って笑ってる。
一緒にステージに立っている。
それだけのことの大切さがわかるからね。

できればBLURを好きな人も好きじゃない人も
バンドやってる人なら見て欲しいなぁと思う。
私の宝物のDVD。



※右側に一応amazonのリンク付けといたけど
希望者があれば我が家で上映会しますのでw

| 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

『Spill the Beans!! 2010』

終わってしまいました!
なんというかshort film no.9的に2010年の
メインイベントが終わってしまったような
そんな感じです。

しかしいいイベントだった。
うちらは第一部の8バンド中1番目だったのに
ステージに出て行ったら既にすごいたくさんのお客さまが!
だって16時半ですよ?
普通ライブハウスにいない時間ですよ?

私たち正直ステージ出て行ったら
客席がら〜んってのを想像してたのでww
ほんともう興奮しました。

そしてうちらの後に出てくるバンドも
どれもパワフルだったし
すごく楽しかったなぁ。

思えば名古屋でマイペースで活動してたうちらが
不思議な縁でEVOLからのリリースが決定したとき
何が嬉しかったって
VELTPUNCHと一緒のレーベルだってこと。
だからこの日一緒のステージ立てたのは
すごい意味があったし。
モチベーションもあがった。

ということで
こんなイベント定期的にやって欲しいー!
ってことで、来年もよろしくお願いしますよ!
主催者さま。



写真は第2部でDJをしてた
うちのボーカルさん。
けっこう面白い選曲でしたねー!www
そして右端に見切れてるのが主催者さまの一人。


| 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

superchunk!

さてこの週末、Matadorの21周年記念のライブが
海を越えて日本の茶の間でも楽しめちゃった訳ですが
ホントすごいことだよなーと。

画質も音質もまぁまぁだったし
なによりあれだけのベテランのライブを立て続けに
しかもタダで見れてしまうだなんて
いい世の中になったもんですね。

sonic youthはライブ後半にギター二人が
ギターをこすりつけ合ってノイズ祭りになってたし
(しかもそれを見ながらキムは笑ってどころか
ベースで旦那をツンツンしてるし)
pavementはボブがはしゃぎすぎで
途中からたぶん大幅にマイク下げられてたし
superchunkも相変わらずローラが男らしくって
おお!となってたら後半皆暴れ出してたなぁ。

ま、なんだかいい歳した人たちが楽しそうに
そしてかっこよく演奏してるのは嬉しいもんですな。
(ただ皆年のせいかやたらと太ってたけど;)

そうそうsuperchunkといえば
去年の年末名古屋のアポロシアターで
ライブ見たのだけど
あの距離で見れたのは今から考えるとすごいことだし
ライブ後マックと一緒に写真撮ってもらったのは
宝物。

そしてそのsuperchunkを見たアポロシアターに
来週うちらも出るんだよなーと今気付いた。
久々のアポロシアターってだけじゃなく
そんないろいろも詰め込んで頑張りますワ。



ということで左の動画は
最近、私内ヘビロテ中のsuperchunkの新譜PVを。
このPVもバカバカしくていいんだよなw

| 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |
















qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
Archives
Category
Link